看護師の転職理由

派遣看護師 → 派遣看護師│転職成功と思える理由は?

派遣看護師│転職成功と思える理由は?

看護師は、一般的な事務などから比べると、非常に転職率や離職率が高い職業だといえます。もちろんその理由はさまざまあります。現在勤めているところの待遇に対する不満、スキルアップのため、そして人間関係です。
透析看護師の大変な面

こうした転職理由をもとに、看護師が転職に成功したと思える理由としては

・職場の人間関係が良好
・残業や夜勤などのシフトをはじめ、雇用形態に満足できる
・給料(年収)がアップした
・福利厚生などの待遇が以前より良くなった
・キャリアアップできる制度が充実している
・研修制度が充実しておりスキルアップできる
・職場の環境や雰囲気が自分に合っている

このような理由が複数重なって、満足できる転職となっています。

看護師の場合、女性の多い職場ということもあって、人間関係に非常にナーバスになる傾向があります。 転職理由の第一位が「人間関係」というのもうなずけます。

給料や待遇はもちろんですが、職場の人間関係やワークライフバランスに重点を置いて、これらが満たされた場合に「転職に成功した」と満足している人が多い傾向にあります。

転職を成功させるためには、どのような点をチェックすればいいでしょうか。 情報を見る時にもこのチェックポイントは大切です。

・職場の人間関係はどうなのか
・残業時間はどれぐらいあるのか
・職場で働く人の平均年齢はどのくらいか
・お給料の手当の詳細
・教育体制は充実しているか
・仕事の忙しさは
・病院内の設備状況は充実しているか
・有給休暇の消化率はどのくらいか
・休日はしっかりとれるか
・ママさん看護師でも対応してもらえるか
・夜勤の回数は平均どれぐらいか

このように細かな点を確認することが、後々長く勤務できるかどうかのキーポイントになりますから、面接の時にはしっかり聞いておく必要があります。

ただし、「採用してもらう」という弱い立場にありますから、やはりここまで突っ込んで聞くのはためらう人も多いのではないでしょうか。 そんな時には転職サイトのプロのコンサルタントがきちんと求人先に確認してくれるので安心です。


看護師のキャリアアップについて

看護師学校を卒業した時には無我夢中で仕事をしてきた看護師も、仕事に慣れてくる3年目くらいから「このままでいいのか」と自問自答しはじめます。 向上心のある看護師にとって、やはりキャリアアップは仕事の目標として必要なものです。

看護師のキャリアアップには「進学」「資格」「転職」という3つの方法が考えられます。

「進学」というのは、専門学校卒業の看護師なら、短大や大学へ入学する。 大卒の看護師なら大学院に進学して、看護術ではなく看護学に磨きを変えるというものです。

看護学には、急性期、慢性期、母性、小児、老年、精神看護などさまざまな分野があり、自分が看護師をしながら興味を持った分野を掘り下げていくことができます。

「資格」というのは、看護師の分野には「認定看護師」と「専門看護師」の資格があります。 認定看護師は、実務経験5年以上で、6カ月の教育課程を受ける必要があります。 救急看護、皮膚・排泄ケア、緩和ケア、感染管理、糖尿病看護など多くの分野があります。

専門看護師は認定看護師と同様に実務経験5年以上という条件に加えて、看護系大学院に進学して、修士課程を修了しなければなりません。専門知識を深め、看護実践、相談、教員、指導、調整、研究などを行ういわば現場の看護師のための先生役のようなものです。

「転職」は病院以外の職場を求めるということです。 主なものとして、保健師や産業看護師、大学の学校看護師などです。 保健師は、資格が必要となりますが、各都道府県の保健所などの行政機関に勤め、地域の人々の健康管理や相談などをおこない、病気予防や啓もう活動をします。

産業看護師は、企業内の保健室などに勤務します。 企業が行う健康診断、その後の相談などを主な業務としますが、工場勤務の場合など、怪我などの応急処置なども任されますから、看護師時代のキャリアが活かせます。 その他にも、製薬会社に勤務して、治験コーディネーターとして活躍する看護師も大勢います。